キャッシングの審査に落ちる三大理由とその対策

キャッシングで審査に通らないのは主に三つの理由が存在します。それぞれに対策をすれば審査に通る可能性は高くなるのです。

一つ目は個人信用情報の事故情報や異動情報に記載があることです。これは一般的にはブラックリストと呼ばれており、債務整理や返済遅延などの金融事故を起こした履歴があるので、審査に通らなくなっています。対策としてはブラックリストからの情報削除の期間まで待つか、審査に柔軟に対応してくれる中小の金融業者に申込みをすることなどが考えられます。

二つ目は総量規制に抵触している場合です。貸金業者では貸金業法によって年収の三分の一以上の融資はできなくなっています。自分の融資額がどのくらいになっているか確認しておきましょう。総量規制は法的な制度ですから、年収が増えるか借金を返済するほかに方法はありません。

最後に他の金融業者からの借入件数が多い場合です。金融業者によって違いはありますが、三社以上の他社借入があれば審査に通りにくくなっていると思っていいですし、五社以上の他社借入があれば、ほとんどの審査に通らないと考えたほうが良いでしょう。一社でも他社借入を減らすことが審査に通る最大の対策となるでしょう。